本文へスキップ

高齢者対応住宅・バリアフリーリフォームのご相談は袋井ナカジマへ

電話でのお問い合わせは0538-48-7727

〒437-0122 静岡県袋井市春岡1127-1

バリアフリー・リフォームprivacy policy

 有限会社ナカジマでは、バリアフリーリフォームに力を入れていきたいと考えています。
子どもや高齢者・障がいをお持ちの方が安心して暮らすことのできる家創りを目指します!バリアフリー住宅は、家族みんなに優しい住まいです。


バリアフリー・リフォーム

 バリアフリーとは、高齢者や障がいをお持ちの方が生活しやすい環境を作るということです。
バリア(障壁)フリー(除く)たとえば住宅の物理的な障壁である段差を解消することもその一つです。
バリアフリーリフォームには、スロープなどを設置して段差を解消したり、姿勢を崩しやすいトイレや玄関浴室などに手すりを取り付けたり、車いす使用に対応する廊下や出入り口の拡幅などがあります。


手摺の取付

 玄関やトイレ、浴室や階段など姿勢が崩れる恐れがある場所には手すりを取付ます。
手すりを取り付ける標準的な高さは、床面から75センチを目安にします。
手すりの始まりと終わりは衣服の袖口が引っ掛かるのを防止するために、壁面につけるか下側に曲げます。
 階段の手すりは、廊下の手すりと連結している以外、できる限り先端部を20センチ以上水平に伸ばすようにします。
 浴室の手すりは、浴槽を出入りする時の手すりと浴室を出入りする時に使う手すりを取り付けます。(脱衣室にも)
 玄関の手すりは、段差部分に取り付けて靴の着脱には式台を設置したり椅子を利用するといいでしょう。
 トイレの手すりは、立ち座りを補助できるL型の手すりが効果的です。

袋井市、有限会社ナカジマのリフォーム 袋井市、有限会社ナカジマのリフォーム 袋井市、有限会社ナカジマのリフォーム

段差の解消

 生活の中で一番大きな段差は玄関でしょう。スロープを設置できればいいのですが、できない場合は段差部に手すりを取り付け式台等を追加して段差を小さくしましょう。
生活動線にある敷居や沓摺などの小さな段差も躓きの原因となりますので改善が必要です。床の材質にも滑りにくいものを使用することが重要となります。


廊下・出入り口の拡幅

 一般的な住宅の廊下幅は約75センチ、廊下に面した部屋に一般的な内装ドア(開口寸法約75センチ)から車椅子で出入りするのは難しくなります。そのため入口の拡幅が可能であれば内装ドアを幅広の内装引き戸等に変更することで通行がしやすくなります。(車椅子使用時以外でも内装引き戸の方が高齢者には負担が少ない)


その他

 たとえば・・「いち早く設置した手すりが後に車椅子通行の妨げになる」ということもありえます。
現状・将来を熟慮したうえでのリフォームが大切です。

 夜間の移動時に起きる事故も多いようです。
高齢者の方が夜間移動する時、特に階段を使用する場合は2か所以上の照明を取り付けて足元が陰にならないようにしたり、足元照明などを取り付けると良いとされています。